松風館跡 松風館十勝碑林
   
  2019ゆかりの地訪問
 平成18年(2006)2月、旧河相邸跡に、君推の功績を残そうと、跡地を所有する武田武美氏(当顕彰会理事)や茶山顕彰会役員など有志の協力によって、跡地の一部に松風館関係碑3 基、十勝記念碑10基、茶山および頼春水詩碑3基、全16基が建立されました。
中国の「西安碑林」や「曲阜碑林」に倣って、この記念碑庭園を「松風館十勝碑林」 と名づけ、後世に伝えようとするものです。 

*詳細は、顕彰会ニュースno42参照
 
 
碑林にある菅茶山詩碑     菅茶山記念館HPからコピー
 
 松風館即事  菅茶山
 
 詩罷松窓夜幾更
 捲簾閑待柿歸鳴
 隣燈有影樟陰黒 
 林雨將収竹氣清 
 詩罷(や)んで 松窓(しょうそう)夜(よる)幾更(いくこう)
 簾(すだれ)を捲いて 閑(しず)かに柿帰(しき)の鳴くを待つ
 隣燈(りんとう)影有りて 樟陰(しょういん)黒し
 林雨(りんう) 将に収まらんとして竹(ちく)気清(ききよ)し
 
【大意】詩を吟じ終わり、松の差しかかった窓から見れば、夜もたいそう更けてきた。
簾を捲きあげてホトトギスが鳴くかと静かに待っている。
隣の家の灯りでクスの木陰は薄暗く、林を濡らした雨は今にもあがりそうで、竹藪には清々しい気配がただよっている。
【出展】『黄葉夕陽村舎詩』前編3-15所収
 
  所見  菅茶山

 落日残光在  
 新秧嫩翠重  
 遥雷何處雨  
 雲没両三峰 
  茶山老樵

 落日(らくじつ)残光(ざんこう)在り
 新秧(しんおう)嫩翠(どんすい)重なる
 遥雷(ようらい)何れの処の雨ぞ
 雲は没す両三峰(りょうさんぽう)
 
【大意】夕日が空を赤く染め、野山の緑の中で若苗の緑がさらに美しい。
遠くで鳴る雷はどこに雨を降らせているのか。
雲が広がり二、三の峰を隠してしまった。
 
【出展】『黄葉夕陽村舎詩』前編3-4所収
 
 河相保之松風館同菅禮卿賦  頼春水
 
 
 
松風館十勝について

松風館は、林泉をめぐらし池亭を設け、邸内に十勝を定め、天下の名士たちに
それぞれ揮毫してもらい、それを石あるいは木に刻して標示されていたようです。
 迎碧墩のみ現在残っています。(茶山詩話より) 

     
   碑銘 揮毫  場所など   形状
 1  松風館  頼杏坪(広島藩儒者)  下に永富充国の記文(訳)あり
「時、寛政十年(1798)5月13日」 
 四角木柱-1面
 2  棣棠橋テイトウキョウ  倉成善司(豊前中津藩儒者)  両岸にニワウメ、ヤマナシ の植えらた橋  四角木柱-2面
3    鳥語澗チョウゴカン  赤崎彦禮(鹿児島藩儒者)   庭の渓流  四角木柱-3面
 4  鳴玉橋メイギョクキョウ  菅信卿(茶山末弟)
 (春水門下生)
 橋  四角木柱-4面
 5  迎碧墩ゲイヘキトン  柴野栗山(昌平黌儒者)  青い苔で覆われた小高い丘
茶山の記文 「時乙丑(文化二年(1805))」
 石標 現存
 6   浸翠池シンスイチ  山本来山(江戸の儒者)
 北山?
  庭池  石標?
 7  紅於徑コウオケイ  岩瀬華沼
 (肥前島原藩儒者)
 カエデの茂った小路  石標
 8 魚楽梁ギョラクリョウ 
 亀田鵬斎 (江戸の儒者)   水を堰きとめて魚を取る梁  石標
 9   垂白棚  スイハク    紫源 白 藤の棚  石標 
 10  娯論亭 ゴロンテイ    菅茶山  泉水中の一つの亭  扁額
         
         

もど