顕 彰 会   ニュース   菅 茶 山
   廉塾墓所  神辺案内   会報寄稿
   茶山ポエム 
記念館    保管庫   菅茶山新報
神辺ご案内
神辺平野は東西に開け、美しい夕日が見られます。その夕日の美しさは童謡作家 葛原しげる(1886〜1961)によって作詞された「夕日」として今も唱い継がれています。

♪ ぎんぎんぎらぎら 夕日が沈む
    ぎんぎんぎらぎら 日が沈む
   まっかっかっか 空の雲
    みんなのお顔もまっかっか
    ぎんぎんぎらぎら 日が沈む


聞いたことありますか? この歌に唱われたのが菅茶山の生まれた神辺(かんなべ)です。

菅茶山が生まれ育った当時の“かんなべ宿”の頃と今の神辺に残る“茶山ゆかりの地”をご紹介します。
なお、廉塾と菅茶山の墓は、別にご紹介しています。
         廉塾・墓地ご案内(リンク) 
 神辺平野に沈む夕日 神辺地図   神辺観光協会HP(リンク) 
     
かんなべ宿 茶山の頃   茶山詩碑案内  神辺本陣
かんなべ宿の今 茶山ゆかりの地
神辺宿町並み絵図  松風館址 松風館十勝碑林 菅波信道一代記
中国行程記 神辺宿 廉塾と槐 (エンジュ) PDF 神辺城址 
  神辺宿大火