顕 彰 会   ニュース   菅 茶 山
   廉塾墓所  神辺案内   会報寄稿
   茶山ポエム 
記念館    保管庫   菅茶山新報
 
 茶山ポエム           
   
 先生はたくさんの漢詩をつくりました。その中には暮らしの中の出来ごとや、四季おりおりの自然の様子を詠んだものがたくさんあります。
茶山の詩はロマンにあふれています。現代の人に通じるリアルな描写があります。
しかし、漢詩のままでは意味がわかりにくく、イメージもわきません。

そこで、もとの漢詩の意味を大切にしながら、茶山先生の眺めた景色が小中学生の心に浮かぶような詩に書きかえ、「茶山ポエム」と名づけました。茶山ポエムは多くの人によって、新しく作られています。
  茶山ポエムを読んで心に浮かんだイメージを絵にしたのが「茶山ポエム絵画」です。

平成5年(1993年)、福山市近辺の小中学校児童の絵画を中心に、第1回茶山ポエム絵画展が始まり毎年開催されています。(その後、幼稚園児、高校生に対象拡大)
現在は、菅茶山記念館主催・菅茶山顕彰会共催により、応募者数3000人の規模のイベントとして定着し発展しています。

平成28年(2016年)には、16歳以上を対象にした「茶山ポエム・ART&MUSICコンクール」が創設され、全国に公募されました。

 1.茶山ポエム絵画展
  *茶山ポエム絵画展の紹介 :2001年度制作
   茶山ポエム絵画展のあゆみ  *優秀作品の紹介
       茶山ポエム絵画の紹介2004年度
茶山ポエム絵画の紹介2013年度
茶山ポエム絵画の紹介2014年度
茶山ポエム絵画の紹介2015年度
茶山ポエム絵画の紹介2016年度
茶山ポエム絵画の紹介2017年度 
 
   
 2.茶山ポエム・ART&MUSICコンクール  主催 茶山ポエム神辺創成の会
     代表・三宅真一郎氏
  コンクール ホームページ  関連著書 

まんが福山の歴史「神辺編」
菅茶山・葛原しげる
著者 中山善照氏

   *応募対象となる茶山ポエム
               作者 中山善照氏
  
 *応募作品紹介(予定)
 
   
 3.茶山ポエムの紹介   (作成中)